はじめまして。株式会社ライズウィルの代表・井澤岳志です。

2005年に創業してから数多くの飲食店を支援させていただいた中で感じることがあります。
それは、飲食店経営は一歩間違えるとおそろしいほどハイリスクなビジネスになるということ
です。美味しい料理を提供しているからといって、飲食店経営がうまくいくとは限りません。
もちろん、美味しい料理を提供することは大切なことですが、それだけでは売上をあげ、
利益を残すことはできないのです。

なんとかしないといけない!」と思ったときに何かしらの対策を打つと思いますが、
ただ闇雲に頑張ればよいというわけでもありません。

ここで、対策を打つときによくある3つの間違いについてご紹介します。

飲食店経営のよくある間違い

間違い1 広告やツールに頼ってしまう

もっとも多いのが、集客を増やすための広告やツールに頼りっぱなしになってしまうことです。
もちろん、広告や集客ツールというのは大切な要素です。やらなければいけないことです。

しかし、それらは“戦術”です。土台を見直す必要があるのに、テクニックばかり工夫しても“その場しのぎの対策”にしかなりません。
一時的には増えるだけでは意味がないのです。
まずは、戦略から手をつけ、戦略にそった戦術を実行する必要があります。

間違い2 繁盛店の真似をする

コンサルティング会社などで、「こんな飲食店が儲かってます!!」と紹介することがあります。
「こんなやり方が良いですよ!」と実績を示した“やり方”を教えているのです。
たとえば、「こんなチラシにするといい」「こんなメニューにするといい」「こんなことを取り入れるといい」・・・といったことです。

繁盛店は確かに業績が良いのだとは思いますが、そのまま“やり方”だけ真似ても成果は出ないケースのほうが多いです。
なぜなら、繁盛店が繁盛店たる背景には、
さまざまな要素が絡み合った上で成り立っているからです。
それらの要素を知らずに、真似するだけでは失敗するかもしれないのです。あなたのお店には合わない方法を取り入れることになるかもしれません。

間違い3 誰もやっていないことをやる

3つ目が、独自の道を突き進むことです。「他の人がやっていないメニュー」を中心に展開しようとすると失敗してしまうかもしれません。
なぜなら、誰もやっていないということは、そもそもその需要がないからです。

著名なコンサルタントの方がプロデュースしたユニークな飲食店がすぐに撤退してしまうのは需要の読み違いが主な原因です。
珍しいからよいというわけではなく、きちんと需要があるかどうかを確認する必要があるのです。

レストラン・ジェノバ様も同じような悩みを抱えていました。

富山県黒部市の洋食店「レストラン・ジェノバ」様の事例をご紹介します。

創業から27年も飲食店を経営されてはいるものの
バブル崩壊後は15年間右肩下がりで・・・
赤字がこのまま続くと・・・」と悩んでおられていました。


15年も売上が下がっている状態で、このままだとお店を閉めざるをえないというような
ところまで追い詰められていたのです。
そんなときに、弊社へご紹介いただき、コンサルティングを担当させていただくことに
なりました。

確かに美味しい!けれど・・・

創業から長く運営されているので、それだけお客さまから支持されていると
いうことです。味は確かに美味しいものでした。

しかし、「美味しい」だけではやっていけないのが飲食店経営です。
美味しいだけなら、他にもたくさんのお店があります。

飲食店経営は、「飲食需要」と「競合店」をしっかりと見極めた上で、
「自店のポジション」を明確に決めていくことが大切です。“ただこの料理を
出したいから”ではダメなのです。

飲食需要と競合のリサーチをすると・・・

需要と競合店・店舗診断をおこなった結果、競合店よりも価格が高く、
優位ではないポジションにあることがわかりました。対象のお客さまにとって、
競合店に流れる状況ができあがっていたのです。

そこで、メニュー中心に大きく見直しをしたのです。
(もちろん、ジェノバ様の個性を活かしたメニューです)

対象の方にとっても魅力的なものに変えたのです。
さらに、原価率も改善前38%から改善後32%へと減らすことができました。
お客さまにとっても、お店にとっても良い方向へ変化させたのです。

昨年対比で最大148%アップさまざまなメディアでも紹介されるように

15年間右肩下がりだった経営が、昨年対比で110~148%を達成することが
できました。その後、平成26年3月現在まで、休暇された2ヶ月を除いて46ヶ月
連続で昨年対比が上がり続けています。


いわゆるV字回復です。

業績が上がることで、さまざまなメディアからも取材が来るようになりました。
『日経レストラン』や『日経流通新聞』など。たとえば、平成23年5月の『日経
レストラン』では、「平日夜のお客を呼び戻す」という特集で紹介されました。

“一度の失敗”が即廃業につながる飲食店経営

厳しい時代でも安定的な経営をするためには、できるだけ廃業につながってしまうリスクを避けなければなりません。

大げさなことではなく、飲食店経営は一度の失敗でも即廃業になってしまうことがあるのです。
だからこそ、飲食店経営を戦略的に取り組まなければなりません。

ただ闇雲に施策を打っていけばいいというわけではありません。いくらやっても上手くいかないということは、“上手くいかない方法”をやっているかもしれな いのです。

「これでなんとか・・・」と切羽詰まって打つ施策はほとんどのケースで失敗に終わります。
「えいやっ!」で実行するのではなく、きちんとした展望のある戦略を立てなければいけません。

“枝葉の対策でなく、根本から見直していきませんか?

飲食店経営の成功の秘訣については、日本実業出版社から出しました
『7つの超低リスク戦略で成功する 飲食店「開業・経営」法』で解説しました。

ここでは、7つのリスクを避け、超低リスク経営をおこなう方法を書いています。

長期的な視点に立ったものなので、できるだけ飲食店経営全体を網羅しました。
私たちが提唱しているのが「普通のお店でも成功する方法」です。

ひとつのミスが大きな痛手になってしまうので、失敗する要因をきちんと掴み、
失敗しやすいリスクを徹底的に避けることで、生き残る確率を高めることができます。
そして、飛躍するための足がかりを作ることができるのです。

それでは、弊社のコンサルティングのご紹介です。

ライズウィルのSkypeコンサルティング5つの特色

飲食店専門のコンサルティング会社

飲食店を専門にしているコンサルティング会社です。
また、飲食店を3店舗経営しているため、「机上の空論」
ではないより実践的なノウハウを提供できます。

拙著『7つの超低リスク戦略で成功する 飲食店「開業・経営」
法』
(日本実業出版社)は、おかげさまで“10刷”とご好評いた
だいています。

遠隔でもサポートできる

これまで多数の店舗を支援させていただきましたが、地域的
制約があり、遠方の飲食店の支援をおこなうことができ
ませんでした。
そこで、今回ご紹介したいのが「Skypeコンサルティング」
です。Skypeとはインターネットを使った電話です
(通話料無料)。

地域的に離れていたとしても、ご支援することができるよう
になりました。

その場しのぎの対策ではなく、長期的対策

飲食店経営で考えなければならないこと・やるべきことは
幅広いものです。

「これだけやればいい」というものではありません。
長期的な視点にたって継続してやるべきことを提案して
いきます。

実績多数

実績といって一番わかりやすいのが、「どのような改善を
したか?」の実績
かと思います。

こちらに関しては、後述する“お客様の声”をご覧ください。
お客様からいただいた生の感想を一部ですが、ご紹介して
います。

幅広く、こまめなサポート

飲食店経営でやるべきことはたくさんあります。

弊社では、飲食店の売上アップ、収益改善から、商品・
メニュー改善、メニューブック作成、組織力向上、数値
管理・財務管理まで幅広いコンサルティングサポート
おこなっています。
月に2回のコンサルティングを実施します
(月によって1回の場合もございます)。

コンサルティング内容

コンサルティングを受けるメリットとしては・・・

出費をしなくても毎月プラス数万~数十万円が残るコスト管理手法が身につきます
右肩上がりの売上を実現できる戦略ノウハウが手に入ります
利益が数倍になる店舗運営のやり方が学べます
多店舗展開を実現できる「強い業態の作り方」が学べます
資金繰りに悩むことがなくなる財務テクニックが身に付きます
満席や行列を実現できる広告・販促手法を学べます
多くのお客様が「おいしかった、また来るね」と言ってくれるメニュー作りの方法を学ぶことができます
お客様が喜び、お店も儲かる理想的なメニューを作るノウハウを得られます
いつもあなたのお店を気に掛けてくれ、何でも相談できる心強いパートナーができます
スタッフとのチームワークが良くなり、笑顔あふれるお店を作る組織運営方法が身に付きます
お店を安心して任せられるスタッフを育てる教育方法を学ぶことができます
一流メディアから取材を申し込まれるほどの結果を出すノウハウが身に付きます
変化に対応できる強いお店を作れる戦略思考が身に付きます
超低リスクでお店を再生することができる具体的ノウハウを実践できます
未来が明るくなり、将来の自分のお店にわくわくできるようになります

具体的には、以下の様なコンサルティングをおこないます。

1. 勝ち残る「戦略」を立てる手順

 2. 売上を上げる「戦術」を立てる手順

 3. 店舗運営における基本ルール

コンサルティング料金

1.コンサルティング回数、時間

回数:月2回の定期ミーティング 時間:1回1.5時間

◎弊社のコンサルティングが月2回行われる理由
弊社がコンサルティング回数を月2回行う理由は、こまめなサポートによって、結果を出して頂く確率が高まるからです。飲食店はどうしても日々の業務が忙しく、コンサルタントからの宿題をできない場合もあります。月1回で何の準備もできずに次のコンサルティングを迎えると、なかなか改善が進みません。2週間に1度の頻度であれば、 改善のサイクルが非常に速くなります。また、物理的に2倍の時間コンサルタントが指導にあたるため、学習の質も量も2倍以上になります。ただし、お客様のご要望により、月1回の頻度で行うことも可能です。料金などはお問い合わせください。

2.コンサルティング料金

月額5万円(税別)×6ヶ月 30万円(税別)

※契約における注意事項
訪問しない無料テレビ電話でのコンサルティングであるため、以下の条件をご理解頂き、ご支援をさせて頂きます。

1) コンサルティング料金は毎月先払いでお願いしております。
お振込みが無い場合は、コンサルティング日程を変更させて頂く場合がございます。

2) スカイプの環境とWEBカメラをご準備頂きます。
WEBカメラは家電量販店やインターネットで1,000円~2,000円台で購入が可能です。

3) 6ヶ月に1回まで訪問コンサルティングが可能です。
交通費をご負担頂いた場合に限り、訪問致します。また、弊社より訪問をご提案する場合もございます。

あなたをサポートするコンサルタントのご紹介

井澤岳志 荒城智子

村上泰聖 和田誠

弊社のコンサルティングはチームコンサルティング体制を取っております。特に各店舗様の重要戦略については、代表井澤と担当コンサルタントが話し合い、ご提案方針を決定しております。

お客様からいただいた声を一部ご紹介します。

売上月300万円が、700万超えを達成するまでに 株式会社シーキュービック(中国麺飯店ワンフー、麺屋なると)鬼原社長様

ライズウィルさんには1号店の時から支援して頂いています。1店舗目の売上は当初月300万程だったのが、700万超えも達成しました。おかげさまで現在では、直営店6店舗、FC店1店舗、ライセンス店1店舗へと成長することができました。
ライズウィルさんには新業態について相談させて頂いたり、FC、ライセンスの実施にも提案・アドバイスを頂き、いろいろな経験をさせて頂いています。
立ち上げ当初より、経営者としての欲がどんどん出てきたと思います。
さらなる発展に向けて、今後もご支援をよろしくお願いします!

15年間落ち続けていた売上がV字回復 有限会社ジェノバ(洋食レストラン ジェノバ)稲田社長様

当店は創業30年となりますが、バブル崩壊後から売上が落ち始め、大手チェーンの出店なども相次ぎ、徐々に売上が落ちている状態でした。ライズウィルさんの支援が始まってからは、15年間落ち続けていた売上がV字回復し、今は売上が3年以上、ほぼ毎月昨年対比を超えています。競合を知り、自店を見直し、メニューの内容を変えてから売上が上がり始めました。「売上が上がるまでに約半年かかります」と言われ、その間は新メニューを何度も試作したり苦労が多かったですが、その後は売上が上がり続けています。毎月のミーティングで販促内容を決めて、実施していくサイクルができています。私は店に立って調理をしているため、販促の細かいことまで手が回りません。
そこをライズウィルさんにサポートして頂けていることもありがたいですね

一番印象に残っているのは、競合はコンビニだと言われたこと 三愛フーズ株式会社(たこ楽、心の音)
南社長様

ライズウィルさんには何度も戦略的な指導をしてもらいましたが、一番印象に残っているのは、競合はコンビニだと言われたことです。これまではたこ焼を中心に10数店舗チェーン展開してきたのを、 メニュー構成を大幅に変更して、たい焼を中心に全店切り替えました。おかげで売上も上がりました。
また、店舗の作り方や視認性についても
教えてもらい、新店舗はすべて新しい形になっています。
新商品開発についても、当チェーンでグランプリを開催したりして、新たなヒット商品の開発に取り組んでいます。

おかげさまで売上の昨年対比がどんどん上がってきました 料理旅館きんかい水島オーナー様

10年前から徐々に売上が落ちており、ここ5年で急に下がったときからお手伝い頂いています。おかげさまで売上の昨年対比がどんどん上がってきました。メニューブックを変えて、原価率も下がり、ヒットメニューも増えました。
当時の原価が48%だったのが、今は36%まで下がりました。
売上は上がって原価は下がっているので、利益が大きく増えました。

提案してもらったメニューが売上の30%を占めるほど大ヒット 麺飯店 天地人 黄オーナー様

何もわからない状態で開業支援をお願いしました。コンセプト作りから始まり、物件探し、業者さんの紹介もしてもらいました。
特にメニューの内容、価格、コンセプトなどが参考になり、ライズウィルさんに提案されたセットメニューが大ヒットとなり、現在の売上の30%ほどを占めています。
メニューブックや販促物も作成してもらえるので、いろいろな面で助かっています。

毎月約300万円の利益が残るまでに 大型温浴施設 経営 K社長様

ライズウィルさんに支援を頂いてから、大幅なコストダウンを実現することができました。飲食部門で、原価率が9%、人件費率が4%ダウンしました。
弊社の飲食部門は売上規模が大きいため、毎月約300万円ほどの利益が残った計算になります。
また、折込チラシ、ポスティング、情報誌の活用などの販促の具体的方法についてもアドバイスを頂いています。今後は売上をどんどん上げていきたいと考えています。

原価率が10%も下がって、お店の利益が大幅にアップ (焼肉・ホルモン料理 とんぼ 村田オーナー様)

ライズウィルさんのアドバイスでメニューを作りなおした結果、原価率が10%も下がって、お店の利益が大幅にアップしました。メニューひとつでこんなに大きな効果があるなんて、思いもしませんでしたね。
もっと、早くメニューを変えていればよかったです。
また、販促の提案で売上もアップしているので、ありがたいですね。
今は新しい店舗の調査や戦略作りをお願いしているので、次のお店でもお願いしますね。

2ヶ月後には売上昨年対比が151%となり、驚きました (トラットリア ヴィバ ラ ヴィータ 牧谷オーナー様)

ライズウィルさんとは、商工会議所のセミナー講師として、初めてお会いしました。
その時は売上が急激に落ちて、昨年対比60~70%となり、資金繰りが厳しい切羽詰った状態でした。
ライズウィルさんに少し相談すると、「大丈夫です。売上、上がりますよ。」とおっしゃってくださり、気持ちが随分明るくなったことを覚えています。実際にライズウィルさんにコンサルティングを依頼して、2ヶ月後には売上昨年対比が151%となり、当時はかなり驚きましたが、今では昨年対比200%を目指して頑張っています。きちんと優先順位を決めて計画を立て、お客様を育成しながら売上アップを進めているので、今後がすごく楽しみです。これまで本当にありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

どんな相談でも乗ってくれるので、心強いサポーター (有限会社 ロマンドロール北陸 村上社長様)

最初は売上アップの相談をして、人材の採用、組織作り、処遇(給料)の問題、今では新規出店の相談など、幅広い相談ができるのがすごくいいですね。困ったときには、気軽にどんな相談でも乗ってくれるので、心強いサポーターです。
また、店舗が増えるので、今後もよろしくお願いします。

より幅広い客層を集客できるようになった (串焼き居酒屋 とりのや 桜打オーナー様)

開業の計画段階から、ライズウィルさんに支援してもらっています。まずは市場調査や競合店調査をして頂き、開業のコンセプトを作ってもらいました。
当初の自分の予定とかなり変わり、より幅広い客層を集客できるようになったと思います。また、店舗の間取りや内装などのアドバイスをもらい、個室もあって、大人数、中人数の宴会にも対応できるお店になったと思います。
また、商品開発、メニューブックの作成などもお願いしながら、今は次の出店の相談をしています。たまに厳しいときもありますが、お店のことを思ったアドバイスをくれるので、信頼してお願いしています。

新規客向けの販促をしなくても、昨年対比を大幅に越えていく (葉多舎 畑オーナー様)

ライズウィルさんの指導によって、リピートするお客様が増えたので、新規客向けの販促をしなくても、昨年対比を大幅に越えていくことができました。自分では思いもつかないような販促やアイディアを提案してくれるので、すごく助かっています。また、自社ホームページの導入や仕出し、食品の販売など、長期的な視点で必要な販促を早い段階で提案してくれるので、半年ほど経って、「やって良かった」と思ったことが何度もあります。
人の問題にもアドバイスをくれるので、何でも相談できるから助かっています。

食材、人件費、水道光熱費なども大幅に下がり、より利益が出るように (老舗料亭経営 F社長様)

長い間料亭をやってきましたが、これまでは気が付かなかった無駄遣いなどを最初にご指摘頂き、非常に助かりました。食材、人件費、水道光熱費 なども大幅に下がり、より利益が出るようになりました。
無駄を省いた分で販促を行い、売上も上がってきました。
今後も販促のアドバイスを頂き、さらなる売上アップに向けてやる気が出てきました。

サービスの流れについて

ライズウィルのスカイプコンサルティングサービスは以下の流れで行います。

1.お問い合わせ

2.お申し込み

3.初回料金のお支払い

4.コンサルティング支援スタート

5.訪問希望も承ります

まずはお問い合わせください。

冒頭でも触れましたが、飲食店経営はひとつの間違いで、おそろしいほどハイリスクなビジネスになります。
次から次へとライバルがやってくる業界です。
全国展開するチェーン店も市場があるとわかると必ず出店してきます。

だからこそ、“戦略”が大切なのです。

戦略というと難しくなってしまいますが、“誰に”“なにを”提供するのかという部分です。競合店も見極めた上で、
しっかりと考えていかなければなりません。その一歩を間違えるだけで、廃業に追い込まれるほど現実は厳しいものになっています。
逆に言えば、正しい選択をしていけば、経営が上手くいくのです。

まずは、お電話またはメールにてお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合せはこちら 076-471-5458 (受付:10時~18時 定休:土日祝)

最後に・・・

弊社の社名は「株式会社ライズウィル」。

RISE(向上する)とWILL(志)が合わさった言葉です。

弊社の目的は、業績を上げてもらうことではありません。
成果を出していただくこというのは過程の目標でしかありません。

最終的には、成果を出していただき、その次の「夢やビジョン」を描いていただくことが“目的”です。成果は夢やビジョンを描くための“手段”です。

結果を手にし、その先にある夢やビジョンを実現させませんか?